未分類

★給付金で悩みや不安を解消しましょう!b型肝炎訴訟の和解金について詳しくご紹介!★


昭和23年から昭和63年までの間に、集団予防接種を受けた際、注射器が使い回されたことを原因としてb型肝炎に感染してしまった方が全国に40万人以上存在すると言われています。b型肝炎は、ウイルスにかかることで慢性肝炎をはじめとする肝臓の病気にかかることで、最悪の場合、命を落としてしまう危険があります。b型肝炎訴訟は、長年の間、原告と国の間で争われてきた一連の裁判であり、平成23年の和解締結をもって国が被害者に対し給付金の支給をスタートしました。b型肝炎訴訟の和解金は、最大で3,600万円とされており、病態に応じて支払われる給付額が異なります。肝ガンや重度の肝硬変となってしまった場合は最大額が支給されますが、軽度の肝硬変で2,500万円、慢性B型肝炎で1,250万円の和解金が支給されます。和解では、給付金に加えて別途訴訟手当金として、訴訟等に係る弁護士費用やウイルス感染者であることを確認するための検査費用を支給するとされています。また、母子感染防止のための医療費や世帯内感染防止のための医療費、定期検査手当も支給されることとなっています。給付対象者の選定には、裁判所による和解手続き等によって行っているため、給付金の支給を受けるためには国に対して損害賠償を求める訴訟の提起を行う必要があります。b型肝炎訴訟情報ナビは、和解金を受給するために知っておきたい基礎知識からおすすめ法律事務所について詳しくご紹介しています。b型肝炎訴訟情報ナビを参考に、和解に向けて第一歩を踏み出しましょう。

b型肝炎訴訟の和解金はコチラ

b型肝炎訴訟情報ナビ※給付金や和解請求などの救済サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *